»

12月 30

レイクの勤務先への在籍確認

「♪ほのぼのレイク~♪」のCMでおなじみのレイクには、様々な契約申し込み方法が用意されています。自動契約機、郵送、パソコン、スマートフォン、携帯電話などです。しかし、どの方法で申し込んでも、「本人確認や申し込み内容確認のために自宅や勤務先へ電話をする場合があります」とのことです。では、「電話をしない場合ってなに?」となりますよね?実際には原則的に電話確認が入ります。これでは落ちのない落語のようですが、こういった電話による確認作業をしない金融機関のほうが稀なのです。
会社員であれば勤務先に在籍確認の電話が入ります。もちろん、「消費者金融のレイクですが・・・」なんて名乗りません。闇金業者でもない限り、消費者金融とわからないように個人名で電話してくれます。
自営業の場合は、自宅への確認電話が基本です。本人確認のために生年月日や住所などを聞き合わせます。この時、携帯電話でなければ(固定電話なら)、市外局番や電話番号の割り振りのルールなどで一定の範囲の住所が特定できるので、本人の申告情報の確認として有効です。しかし携帯電話しか持っていない場合は、すこしやっかいです。勤め先への電話確認と言っても自営だったら、同じ携帯電話に掛かるでしょうし・・・。いずれにしても、携帯電話は容易に契約できることや、携帯番号の流用など犯罪に利用されているケースもあることから、その信用度は低いとみなされます。
金融業界でも本人確認はとても重要です。申し込み内容との相違がないかや勤務先への在籍確認は、通常ほとんどの金融会社が実施していると思っていて間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>